2017年のプロ野球が開幕して1週間が経ちました。

今季の楽天イーグルスは地元出身の岸孝之投手が加入したことで、昨年よりは上位が期待できるところです。

が、開幕直前にインフルエンザで開幕戦の登板を回避する事態になってしまいました。

同じように期待していた安楽投手も負傷で離脱していたので、波乱の幕開けと誰もが思っていました。

ところが、始まってみると、開幕カードのオリックス戦には3連勝でした。

そして火曜日から始まったホームでのソフトバンク3連戦も2勝1敗と勝ち越してくれました。

ここまで5勝1敗の文句のつけようのない成績で、リーグ単独首位です。

まだ岸投手は登板していないのだけどね。

しかし、チームの好調の陰に隠れて不安を抱える選手もいます。

ウィーラーとアマダーの外国人2選手です。

まったく調子が上がってきません。

ペゲーロ選手が大爆発の活躍をしているだけにまったく物足りないです。

いつまで我慢して先発で起用するかが問題です。

おそらくあともう1カードは先発起用すると思います。

これでも打率1割前後なら、先発から外れることになるはずです。

明日から千葉ロッテ戦ですが、私の記憶が確かだったら、ついに楽天の岸投手が登板する予定です。

多くの仙台の楽天ファンが楽しみにしているはずです。